ソフトボール

Question

ソフトボールをやっていて肘に痛みがあります。現在高校の女子ソフトボール部に所属していますが、中学の頃から肘の痛みを抱えています。それを我慢してやっているうちに肘をかばっているのか肩まで痛くなるようになりました。しばらく休むと治まりますが、痛いときはキャッチボールだけでも痛いし、もっとひどいと何もしていなくても痛いです。病院に行っても「使いすぎ」という診断で、シップを出されて終わりでした。何か良い処置は無いものでしょうか?

Answer

正しいフォームを身につけることが重要です。

ボールを投げるときには肘には大きな力が加わります。速い球を投げたり、手投げと言われるような悪いフォームで投げたりすると、1回1回の投球で肘にかかる負担が大きくなります。また球数が多くなると負担(疲労)が増えます。1回の負荷があまりにも大きければ骨や靭帯が破損して「ケガ」が起こります。球数が増えて肘の負担が大きくなれば「故障」が起こります。逆に言えば、負担の少ないフォームであれば同じ球数を投げても合計の負担が減ることになります。

ソフトボールの肩・肘障害

肩や肘の「使い過ぎ(オーバーユース)」が発症原因といわれていますが、投球動作は下半身・体幹・上半身と身体全体で生み出されたエネルギーをボールに伝達する運動であるため、フォームの破綻や技術不足によって肩や肘に大きな負担をかけてしまいます。このような「誤使用(マルユース)」も発症原因といわれています。

投球動作の特徴として,上肢のみの運動でなく,下肢からのエネルギーを体幹・上肢へと連動してボールに伝えることが重要とされる。投球動作において股関節の可動域が低い場合,投球障害につながる危険性に関する報告があり,投球障害のリハビリテーションにおいて股関節の可動性や筋機能の改善は重要視されている。

肩関節唇形成術および尺骨神経剥離術を呈した女子ソフトボール選手における競技復帰までのアスレティックリハビリテーションの一例-三瀬貴生一

ケガを予防するには、アジリティや体幹、姿勢、運動連鎖など考慮してトレーニングを行うことが重要です。

ソフトボールにおける技術

バッティングのポイント

下半身の力を上手く上半身に伝えることです。その為には上半身のスイングを足の裏で支える親指のつけ根と、捻じりの力を生み出す股関節の使い方を覚える必要があります。

右打者は右足が回転の軸になります。そこで右足の親指のつけ根で地面を踏み込み、スイングの回転軸を安定させることになります。次に股関節ですが、軸回転と同時に股関節をねじり、回転の力を上半身に伝えます。この時注意するのは重心を前に移動させないことです。重心が前へ移動してしまうと、目線が上下に動いたり、右肩が下がったりと、効果的なスイングが出来なくなってしまいます。

ケガの予防とパフォーマンス向上

筋温をあげる

筋温とは文字通り筋肉の温度のことです。ランニングをすれば汗をかきます。この時体は温まっていますが、筋温はそれほど温まっていません。筋温を上げるためには各部位を重点的に意識しながら動かす必要があります。

たとえば肩を回す、股関節を回旋する、腰をひねるといった動作がそうです。肩や腰、股関節をさまざまな方法で回すことで関節はほぐれ、その周りについている筋肉の温度は上がっていきます。また、ウォーミングアップでありながら、トレーニングの要素も含んでいます。肩、腰、股関節といった部位はソフトボールをする上でとても重要な個所でもあります。そこを温めながら柔軟性と筋力を高めていくことが大事です。

ソフトボール選手のためにウィンドウィローが出来る事

ソフトボールを今後長く高いレベルで続けていくには、いかに効率よく体を使うかにかかっています。無駄な力みのある非効率な体の使い方をすることによって、ケガをしやすくなり、パフォーマンス力も低下してしまいます。

今どこの筋肉や関節を使っていて、それがどういう意味がある動きなのかを意識して動かすことが大切です。たとえば肩甲骨を動かすのはどういう意味があるのか、それをどういう風に動かせばプレイに役立つ動作になるのかなどです。

ウィンドウィローでは手技で体を緩め、体幹を強くし、更に効率よく体を使うコツを懇切丁寧にお伝え致します。